RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
50: by aishinkakura on 2014/03/30 at 19:41:42

kbrk様
こんばんは。

色々見せて頂きありがとう御座います。
果たして高いのでしょうか、安いのでしょうか。
私には木材の価値まで解りませんが違いの解る人は
音迄想像出来るのでしょうね。多分私が弾くとどれも
同じ音になってしまうと思いますが。

愛新覚羅

51:コメントありがとうございます。 by kbrk on 2014/03/30 at 20:15:35

日本で使用するギターならば、木材を日本で乾燥させた材を使用すべきです、特にギブソンカスタムショップ製のギターは塗装が極薄の為、気温や湿度で・・・季節の変わり目には、必ずネックの調整を行わなければなりません、高級な木材を贅沢に使用しギターを作ったとて、良い音が出るギターが作れるとは限りません、私の所有するギターの中で、1番良い音を出してくれるギターは、高校2年の時にかった5万円のグレコの57レスポールのレプリカです、何故ギブソンなのか?あの時の憧れでしかすぎません、高級家具を作る訳でもないのに・・・木を伐採するのは・・・もう止めてほしいですよね!!木材に代わる、新素材で、ギブソンカスタムショップ製のギターを作ってもらいたいものです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

げ!!「2003年製の Historic Collection 57 Les Paul Standard Reissue BZF」・・・

2003年製の Historic Collection 57 Les Paul Standard Reissue BZF が・・・
「Guitar Licks」なる・・・
ギター屋さんで・・・

\ 630,000 !!

2003年製ブラジリアンローズウッド指板のヒスコレ57GTが入荷しました。メッキ類のくすみは多少出ていますがその他はパーフェクトなコンディションです。指板の黒さもピカイチかと思います。ウエイト4.10kg オリジナルハードケース サーティフィケーション付き






kbrk の・・・
2003年製 Historic Collection 57 Les Paul Standard Reissue BZF ・・・


指板が・・・
ブラジリアンローズウッドってだけで・・・

kbrk の・・・
2003年製 Historic Collection 57 Les Paul Standard Reissue BZF は・・・
ウエイトが・・・
3.80kg !!
当時の Historic Collection Les Paul Standard Reissue は・・・
59 モデルでなければ・・・
ほとんど・・・
4kg オーバーだった!!
ボディーバックの・・・
マホガニー材が・・・
59 のモデルに使用する物と・・・
それ以外のモデルに使用する物と・・・
分けられていた・・・

ここ最近の・・・
Historic Collection Les Paul Standard Reissue は・・・
59 モデル以外でも・・・
マホガニー材の・・・
調達場所が・・・

ちなみに・・・
この・・・

2003年製 Historic Collection 56 Les Paul Standard Reissue BZF は・・・
4.30kg ・・・
重い!!

ちなみに・・・
56 の BZF は・・・
昨年・・・
クロサワ楽器で・・・
¥748,000 !!で・・・

指板で・・・
音が・・・
???なんですかね~

56 BZF ・・・
57 BZF ・・・
¥350,000 位で・・・
買ったんだけど・・・



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
50: by aishinkakura on 2014/03/30 at 19:41:42

kbrk様
こんばんは。

色々見せて頂きありがとう御座います。
果たして高いのでしょうか、安いのでしょうか。
私には木材の価値まで解りませんが違いの解る人は
音迄想像出来るのでしょうね。多分私が弾くとどれも
同じ音になってしまうと思いますが。

愛新覚羅

51:コメントありがとうございます。 by kbrk on 2014/03/30 at 20:15:35

日本で使用するギターならば、木材を日本で乾燥させた材を使用すべきです、特にギブソンカスタムショップ製のギターは塗装が極薄の為、気温や湿度で・・・季節の変わり目には、必ずネックの調整を行わなければなりません、高級な木材を贅沢に使用しギターを作ったとて、良い音が出るギターが作れるとは限りません、私の所有するギターの中で、1番良い音を出してくれるギターは、高校2年の時にかった5万円のグレコの57レスポールのレプリカです、何故ギブソンなのか?あの時の憧れでしかすぎません、高級家具を作る訳でもないのに・・・木を伐採するのは・・・もう止めてほしいですよね!!木材に代わる、新素材で、ギブソンカスタムショップ製のギターを作ってもらいたいものです。

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。